オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 整骨院通信

症例<9>

今回はオスグット・・・学生の子に多い膝の痛みについてです。

先日、数年前からオスグットの痛みで悩まれている高校生が

来院されました。

痛みが強く膝を曲げたり、しゃがんだり、もちろん部活などの運動時も

辛いという状態でした。実際診察でしゃがむ動作を確認すると

痛くてしゃがみ込みがほとんどできない状態です。

治療は前回のブログにあった運動療法(関節トレーニング)を行います。

ほとんど患部への治療は行いません。そこには原因がないからです。

オスグットの場合、股関節の筋力低下が痛みの原因です。

ですので弱くなった筋肉を促通させるようにトレーニングします。

*出力が落ちている筋肉を使えるようにすることです。

今回の学生の場合1度の関節トレーニングで痛みが消失し

問題なくしゃがめるようになりました。

あとは、股関節の筋肉のセルフトレーニングを指導して終了です。

セルフトレーニングは筋力を戻し、関節を安定させるためにとても大事です。

これも筋力低下を起こしている筋肉のみへ働きかけるような方法で

トレーニングします。でないと意味がありません。

オスグットでなかなか満足に運動ができていない学生がとても多いです。

対処療法ではなく根本改善をするためには痛みの本当の原因を

見つけ出さなければなりません。

膝に限らず肩や腰、他の関節の治療も同様です。

米沢・高畠・川西・南陽で根本的な改善を目指すなら

「こすぎ針整骨院」にお任せください。

根本改善専門の当院は、明確な原因がピンポイントで説明できる整骨院です。

是非参考になさって下さい。

 

 

 

 

 

 

当院の運動療法

久しぶりの整骨院通信です。

今回は当院で行っている運動療法についてのお話しです。

最近治療業界では運動療法が非常に有効であるとして主流になっております。

ですが、ただやみくもに体操やストレッチ、巷でよくみかける

体幹トレーニングを行えば良いというわけでは決してありません。

間違った運動ではかえって痛みを増長させている可能性さえあります。

まずは今、体の状態がどうなっているのかを評価する必要があります。

関節の位置はどうなっているのか、筋肉は過緊張(張っている状態)

なのか、逆に筋力が低下しているのか、これをしっかり把握することが

極めて重要になってきます。

一人ひとり体の状態は異なるわけなので、行うべき運動も違ってきます。

特に大事なのは関節を支えているインナーマッスルの筋力低下を

改善させることです。

つまり関節を安定させ体を正しい姿勢へと修正するのです。

これにより痛みは大幅に改善していきます。

また、この筋力低下が起きている筋肉のトレーニングの際は

その筋肉のみを単独で動かすことがとても大切です。

単独で筋肉を収縮させるには、トレーニングを行うポジションや動かし方に

気を付けなければなりません。

これが出来て初めて患者さんとって最も必要な運動療法が可能になるのです。

当院はその評価・トレーニングが正しく行える整骨院です。

さらに痛みの1番の原因となっている筋肉の筋力低下を改善するための

自宅でできるセルフトレーニングもお伝えしています。

関節を支える筋肉のトレーニング = 『関節トレーニング』の

効果は痛みを改善するばかりにはとどまりません。

その他の効果はまた別の機会に書きたいと思います。

長くなってしまいましたが、是非参考になさってください。

関節トレーニングによる運動療法にご興味のある方は

お気軽にこすぎ針整骨院までお問い合わせください。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

年末年始は子供たちとゆっくり過ごしつつ、昨年の総括をもとに

今年の目標やビジョンを立て、やり残していた勉強も進めております。

昨年は私にとって非常に有意義な1年を過ごすことができました。

新たに運動療法を導入し(これが非常に効きます ^^ )

筋膜についての勉強もさらに深めることができ、治療家として

ワンランク上へレベルアップすることができたと感じています。

また、当院は今年の8月で開院から3周年を迎えます。

その間多くの患者様にご来院頂いておりますが、

これからもより皆さんの多様なニーズに対応するべく、

今後もパワーアップした施術をご提供できるようにと考えておりますので

『こすぎ針整骨院』を何卒宜しくお願い致します。

院長   小杉 孝則

 

受付 加藤です。

こんにちは。受付の加藤です。

最近急激に寒くなってきて、患者さんのなかにも風邪をひいたり、

冷えて痛みが強くなったという方が多くなってきています。

先生もよく言っていますが、いろいろ対策をしながら患部が冷えないように

皆さん、気を付けてください!

ところで、9月の終わりから私の祖母が右膝を痛めて通院しています。

最初は膝が腫れて、足を引きずりながら歩く程痛かったみたいですが、

先生に治療してもらい痛みもすっかり良くなり、腫れもひいて

今月で治療を終了できるようです。

初回と2回目でかなり痛みがとれたようですごく喜んでいました。

膝が痛くて通われている方も多いのですが、近くに同じような

症状があって悩まれている方がいましたら、こすぎ針整骨院での治療を

是非、ご紹介ください。

 

症例<8>

今回も不妊治療のお話です。

先日、当院の施術でご懐妊されたと患者様より報告がありました。

この方は基礎体温が非常に低い方でしたので、まずは体温を上げることを

重点的に施術を行いました。

その結果、数回の施術で見事に新しい命を授かることができました!

とても嬉しい結果がでて本当に良かったです。

これからつわりなど大変な時期もありますが、無事に元気な赤ちゃんを

産んで、顔をみせに来てほしいなぁと思います。

いつもブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

同じような事で悩まれている方へ微力ながらお力になれればと思っていますので

是非シェアやいいね!を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

受付 加藤です!

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか? 受付の加藤です。

暑くて夜は寝心地が悪く、朝は起きるのも辛いし、なかなか疲れがとれないですよね。

この間テレビでやっていたのですが、疲労をとるには部屋をしっかりと涼しくしながら

布団を掛けて寝たほうが自律神経が休まるので体にいいそうです。

これからもう少し暑さが続くようですので、こまめな水分補給を心掛けてくださいね!

また、プールや海などにもいかれる方もおられると思いますが、

気をつけて水遊びを楽しんで下さい。(*^^*)

 

 

 

受付沖田です。

7月に入り日に日に気温も高くなってもうすぐ夏本番ですね。

夏は海にBBQに花火大会に

楽しい行事が沢山あって今からわくわくしますね。

先日、子供がアデノウイルス、溶連菌にかかりました。

働く親としてはかかって欲しくないのですが、

集団生活の場では防ぎようがないですね。

全国的に流行っているみたいなので、

うがい、手洗いをして予防しましょう。

これからどんどん暑くなりますが、

体調にはお気を付けてお過ごし下さい。

症例<7> 不妊治療について

不妊で悩まれている方が当院の施術で妊娠されましたので報告したいと思います。

その方は、数年前から婦人科で不妊治療をおこなっていましたが、

なかなか良い結果につながらず不妊治療を諦めようとされておりました。

縁あって当院で施術することになり、4ヶ月ほど内臓の調整などをおこなってきました。

内臓調整・・・簡単にいうと低下している内臓機能を本来の良い状態に戻して

身体の中から妊娠しやすい状態に整えてあげることです。

人間の体というのは非常に繊細でちょっとしたきっかけで良い方にも悪い方にも

身体の状態が傾いてしまいます。

ですので不妊治療において、もちろん婦人科での治療も大切ですが、

悪い方に傾いている体の状態を整えてあげることも妊娠を促すうえですごく

大事な要素になってきます。すべて手のみで行う施術ですが、手の持っている

力というのは本当に素晴らしいと思います。

これは不妊治療に限ったことではなく、薬やサプリメント、機械などに頼らずとも

いろんな痛み・不調を改善させることができるのです。

僕も4歳と0歳の男の子の父親ですが子供は本当に可愛いです。

今回の施術を通して子供をもつ喜びをお手伝い出来て本当に良かったです。

もし、不妊でお悩みの方がおりましたら当院へご相談ください。

 

受付 加藤です!

6月に入り、暑くなってきましたね!

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

水分補給をこまめにして、熱中症には気をつけてお過ごしください。

待合室には水飲み健康法という雑誌が置いてあるので、熱中症とは少し違いますが、

待ち時間に読んでみて下さい。

先生も水分の取り方にはちょっとこだわって健康に気をつけているようです。

さて、夏になると冷たい食べ物が美味しく感じますよね(*^^*)

特に、私は素麺をよく食べます。

暑くて食欲の出ない時こそ最高の食べ物だと思います。

ただ、バリエーションがなく飽きてしまうので、もしおすすめのアレンジがあれば

来院された際に是非教えてください!

これから梅雨に入り、ますます蒸し暑くなりますが、お身体に気をつけていきましょう。

受付 加藤でした。

 

 

 

症例<6>

先日の治療中での出来事です。

首痛の患者さんで、横になっていると首が痛むという訴えでした。

体の右側を上にして横になっていると右首に痛みが出て、

左側を上にすると左首が痛むということでした。

逆に体を下側にしている方の首は痛みが消えるようです。

痛みの出方に特徴がありますね。

でも、実はこれが治療をするうえでとても重要なヒントになります。

この場合首にとって楽な姿勢、つまり痛みが消える安楽姿勢が明確なので

原因は簡単に特定できます。

今回は上腕部にアプローチをして痛みが消失しました。治療時間は2分くらいです。

このように筋膜のつながりの知識や評価方法がしっかりしていれば

痛いところに触れずに短時間で症状を取り除くこともできます。

身体の痛みや不調でお悩みの方はご相談ください。